Search this site. 

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

2009.06.22 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

シャープ「ホット庫をほっとけない」&新製品体験会にて思うこと。Vol.2

2006.07.15 Saturday

これまでのお話し

+ + +

これって↓ある意味、衝撃映像だと思いませんか?
hotko3












冷蔵庫から天ぷらが出てくるなんて、ちょっと変じゃありませんか?
えっ、そんなのウチでもやってるって、ですって。違うんです!これは、晩ご飯で余った天ぷらを腐敗防止のために冷蔵庫に入れて、冷やしているシーンではないんです。帰宅の遅いご主人のために、天ぷらを冷めないように温めているんです。
冷蔵庫なのに、温めているんです!

hotko5








愛情ホット庫から出したばかりのお皿をさわったら、温かいというよりアチッ!
冷蔵庫から熱いお皿が出てきただけも、目が回るほどびっくりしたというのに…。

hotko6











愛情ホット庫から出てきたえび天を食べたら、サクサクしてておいしいんです。揚げてから、かなり時間が経っているのに、あの嫌なベチャッとした感じがないんです。どうして〜? シャープさん、教えて!

はてさて、どうして冷蔵庫で保温ができるのかといえば…。
断熱材で上下・側面をなど密閉し周りの冷凍室や冷蔵室の冷気が伝わらないように工夫。そして、冷凍室の霜とり用の電熱線ヒーターを改良したものを使い、熱をファンで庫内に送りこみます。温度センサーで温度を感知、最高約60℃で保温。温度センサーの設定を変えれば冷蔵室や冷凍室にもなります。シャープ公式サイトより引用
と、シャープさんが申しております。

ところで、こんな素敵な機能ならば、さぞや使い方が難しいのでは…と、かな〜り心配になりますが、携帯電話のめざまし機能を使いこなせないサハラでも「おっ、簡単〜、嬉しい〜♪」と鼻歌が出てしまうくらい、シンプルな操作なんです。

hotko4









愛情ホット庫の便利な4つの機能
愛情ホット庫のドア前面にあるパネルで簡単に設定ができます。

1.「決定」ボタンを2秒以上押す。
2.ダイヤルを左回りに回し機能を選択する。
3.使いたい機能を選択したら、「決定」ボタンを押す。
4.さらにダイヤルを回して詳細を選び、「決定」ボタンで内容を決定する。
ねっ、大丈夫そうでしょ♪ ポン→クルクルッ→ポン→クルクルポンッですよ。
これならサハラにも使いこなせるはず、きっと、多分…、ゴニョゴニョ…。

hotko1











こうしてみてみると、普通のチルド室のように見えますが、ホット庫の実力は、あら熱とったり、保温保存だけじゃなかったんです。

なんと、ホット庫庫内を温める温風を利用して、肉や魚をすばやく解凍するのです。しかも、冷凍食材を包丁がサックリと入る温度帯(食品の中心温度:約−8℃)まで、約20分しかかからないんですって。

hotko2












ということで、さっそく解凍開始です!

hotko10











ミンチ肉300gくらいなら15分程度で解凍できるそうです。
ほ〜ら、文字どおり、サックリ切れました。

hotko11












切り口を見ると、まだ凍っている感じです。コンベクション方式のファンが食品に温風を均一に当たるため上手に解凍できるのに加え、ソフト冷凍温度帯(約−8℃)で解凍を止めるので、うまみ成分の損失を防ぎ、おいしさが保たれるとのこと♪

これまでの解凍方法では、残った食材を再冷凍すると「なんだかなぁ〜状態」になってしまいましたが、「サックリ解凍」機能を使うと再冷凍した際にも細胞破壊が少なく、おいしく冷凍できるという優れものなんですって。今まで何度となく再冷凍に失敗して「まずい思い」をしてきたサハラですが、これなら食材を無駄にすることなく、効率的かつ経済的に使うことができて嬉しいですね。

さらにさらに、解凍終了後は自動的にチルド温度帯(約0℃)に切替わるので、食材を出し忘れた場合でも安心なんです。なにからなにまで、ほんとに至れり尽くせりですね。マヌケなワタクシを購入ターゲットにしたのかと、体験会場内で密かにギクリとしておりました(汗)。

+ + +

ところで、現在我が家で使っている冷蔵庫は7年前に購入したシャープの「どっちもドア」(400リットル)なのですが、上段が冷蔵室、中段に製氷室とパーシャル室、下段が野菜室といった形状です。その冷蔵庫を購入した頃は、冷凍庫が中段にあるのが主流だったように記憶していますが、最近では使用頻度の高い野菜室が中段になっているのが多いようですね。

以前我が家に遊びに来たフランス人が、「どっちもドア」冷蔵庫を見てとてもびっくりしたらしく「ウララ〜」と歌うように右から左から開けては閉め、閉めては開けてを繰り返していました。どうしてどっちからも開くのか、どうしてドアが外れないのか、とても不思議そうにしていました。ちなみに、彼らがもひとつびっくりしたのは「ウォシュレット」です。トイレの内側から「ウララ〜」が聞こえてきたものです(笑)。

話が横道に逸れてしまいました…(笑)。
今回の体験会で初めて知ったのですが、冷蔵室が上段になっている冷蔵庫を初めて採用したのも、野菜室を独立させた冷蔵庫を初めて商品化したのもシャープなんですって。当たり前のように今の冷蔵庫を使っていましたが、そう言われてみると、サハラがひとり暮らしをスタートした時に購入したマイファースト冷蔵庫は2ドアタイプで、上段が冷凍庫で製氷皿が1枚だけのものでした。自動製氷機能付の冷蔵庫に憧れていましたっけ♪

冷蔵庫を上段にするとか、独立野菜室とか、どっちもドアとか、愛情ホット庫とか、とかとかとか、シャープの冷蔵庫の進化ってすごいですね。主婦の目線が、しっかり商品開発に反映されているような気がします。

hotko7












聞くところによると、野菜って生えている状態で収納すると長持ちし、栄養価の低下も防げるらしいんです。ということは、大根や長ネギなど縦型の野菜は縦に収納したほうがいいってことです。

サハラはペットボトルを半分にカットして、断面を絶縁テープで貼りまわしたものを縦型野菜用のスタンドとして使っているのですが、物によってはうまく入らずちょっとね〜な感じなんです。ホット庫搭載冷蔵庫の野菜室はドアの内側に、縦型野菜用のポケットが付いていてとっても便利そうです。今までこんな野菜室の収納ポケットって、なかったですよね?

hotko8






一見コンパクトに見えるこの野菜室ですが、同じ容量の野菜室と比べると収納量はこちらの方が多いんです。これってインテリア収納の発想と同じですね。

収納力をアップさせようと思ったら、隙間をうまく使うのがポイントですよね。ドア内側のポケットにプラスして収納室が引き出し3段に分かれているので、通常の野菜室にできる隙間が少なくなり収納力がアップするのですね〜。

それに野菜やフルーツって、重ねると痛んでしまうことも多いんです。こんな風に細かく引き出しが分かれていた方が保存にも適しているんですね。実際に、他メーカーの同容量の野菜室と収納力を比べてみたのですが…。

hotko13







写真左が他メーカーの野菜室なのですが、テーブルの上にホット庫搭載の冷蔵庫の野菜室から出した野菜がまだこんなに残っているのに、ほぼいっぱいになりつつあります。収納力の差が一目瞭然ですね♪

毎日買い物をするわけではないので、気が付けば野菜室が空っぽということもある我が家…。収納力の大きな野菜室はありがたいですね。

+ + +

「ホット庫をほっとけない」&新製品体験会にて、愛情ホット庫搭載冷蔵庫のたくさんの素敵な機能を目の当たりにし、またもや買いたいものリストが増えてしまいました。とはいえ、我が家の買いたいものリストのナンバーワンは、不動の地位を築いている「ヘルシオ」なんですけれど♪


【7月18日追記】
文中の「サハラはペットボトルを半分にカットして、断面を絶縁テープで貼りまわしたものを縦型野菜用のスタンドとして使っているのですが、物によってはうまく入らずちょっとね〜な感じなんです。」に関して、このスタンドどんなものが教えてほしいとのメールをいただきました。

stand











ということで、あわてて冷蔵庫の中を掃除して写真を撮りました(汗)。
Mさん、メールをありがとうございました。上の写真で分かりますか?おかげで冷蔵庫がきれいになりました。ちなみにスタンドの中に立ててあるのは、奥が長ネギとセロリ、手前がレタスです。

サハラ * コミュニケーション * 10:53 * comments(2) * trackbacks(0)

シャープ「ホット庫をほっとけない」&新製品体験会にて思うこと。Vol.1

2006.07.15 Saturday

いま自分が欲しいモノってなんだろう?
どうしてそれが欲しいのだろう?


サハラがいま欲しいのは「あのシャツ」を格好良く着こすことができる、引き締まった二の腕です。「この服を着るために痩せよう」と、今まで何度となく買ってしまった、きつめの洋服の数々。けれど、それは実現化されないままに箪笥の肥やしになったり、姉たちにあげてしまったりの繰り返しでした。

けれど、「あのシャツ」だけはどうしても着たい…。
洋服にあまり興味のないサハラが、数年ぶりに惚れてしまった「あのシャツ」。
袖がパツンパツンなのはサハラ本人が一番分かっていました。けれど、お店の人の「お似合いですよ♪」のひと言に背中を押され、性懲りもなくまた思ってしまったのです。「スポーツジムに通って今度こそ引き締めるんだっ!」と…。

自分が欲しいモノってなんだろう?
それは物質的なモノじゃなく、そのモノを手に入れたことで得られる「楽しい気分」や「幸せ感」。サハラが欲しかったのは「あのシャツ」じゃなく、「あのシャツ」を着た自分。ぷるぷるな腕をシェイプアップして少し自慢げな自分。やればできるじゃん!と少し自信のついた自分。そこまでのプロセスを楽しむ自分。

なにかを買うのは、優れた機能に惚れ込んでとか、好みのデザインだからとか、流行りものだからとか、必要に迫られてとか、人それぞれに理由があると思うけど、そのモノを通して得られる「幸せな気分」を味わいたいからじゃないのかな。
7月1日に行われた アクセストレードPC-Success主催、シャープエレクトロニクスマーケティング(株)協力の「ホット庫をほっとけない」&新製品体験会で、そんなことをあらためて思っている自分がいました。

+ + +

さて、家電製品の中で必要度の高いモノってなんでしょう。
・炊飯器がなくても、おいしいご飯は土鍋で炊けます。
・洗濯機がなくても、手洗い足洗いで清潔感は保てます。
・電子レンジがなくても、調理はできます。
・冷蔵庫がなくても、んっ?…なにはなくとも、冷蔵庫がないと困るよ!

hotko17ここ数日の東京地方は35℃を超え、通りには熱風が吹いています。

そんな時、家に帰ってまずしてしまうのは、こんな風に冷蔵庫に頭を突っ込んで、汗だくの顔を冷やすこと…、じゃなくて(笑)、麦茶をグビグビ飲むことです。

hotko14麦茶族の我が家は、異常に麦茶の消費量が多いのです。作っても作ってもすぐになくなり、冷える暇がありません。なのに、なぜだか煮出し麦茶にこだわるサハラ家の人々。

hotko15いつも麦茶を作るのに使っているのは、←の片手鍋。取っ手の先端までサイズを図ってみるとけっこうな大きさだということが判明しました。



hotko16なんと39cmもありました。あら熱を取って冷蔵庫に入れようにも、こんなに大きいんじゃ入れられません。なので麦茶ポットに入れるまで麦茶製造途中のこの片手鍋、いつもキッチンのあちこちに移動させられ、ちょっと邪魔者扱いされています。働き者なのにねぇ。


ひと振りすれば、あら熱を取ってくれる魔法の杖がないものかしらん。サハラはつねづね思っていたのですが…。あったんです!魔法の杖ならぬ、あら熱を取ってくれる夢の冷蔵庫が!その名は、シャープの愛情ホット庫搭載冷蔵庫です♪

hotkoこれが体験会で使用された、愛情ホット庫搭載の冷蔵庫(416リットル)です。ドアが5枚あるのですが、中段の向かって左側が愛情ホット庫です。









この図↑シャープ公式サイトより転用。



内径が分からないものの奥行きが641mmということは、我が家の麦茶を作る390mmの片手鍋は余裕で入るんじゃないかと思うのです。さすがは目のつけどころが違いますねシャープさん。いいじゃありませんか〜、これっ!
熱々の食材などを、急いで冷ましたい時に大活躍。夏場の沸かしたての麦茶やつくりたてのお弁当などのあら熱をすばやく取ることが可能です。
余熱で風味や食感を損ねるのを抑えて、おいしさを守ります。
あら熱とり終了後は冷蔵温度帯へ自動的に切替わります。
シャープ公式サイトより引用
麦茶族のサハラ家にとって、なんとも嬉しい機能ではありませんか♪

ところで、食事の後片付けをしていて困るのは、お鍋の中のものが冷めるまで待っていなくてはならないことです。「後で」にして、結局忘れて寝てしまうこともままありまして…。冬はいいとしても、今頃の湿気が多い暑い季節にその「うっかり」をしてしまうと、煮物などはひと晩でだめにしてしまいます。麦茶族であり、うっかり族でもあるサハラにとって、この「あら熱取り機能」、なんともありがたい機能です。

さらに愛情ホット庫は、8段階の温度切替ができるんです。普通の冷蔵室、冷凍室、チルド室、野菜室、ソフト冷凍などに変化させることができるんですね。ということは、スーパーのチラシで「冷凍食品5割引」を見て「やったー!そら豆と枝豆が買いだっ!」なんて思っても、「冷凍庫がいっぱいだから、無理だなぁ」と買い控えしていたのですが、愛情ホット庫を特売用のスペシャル冷凍庫にすることも可能ですね。

食材を腐らせて無駄にする機会が少なくなればゴミが減るので環境にも優しいですし、特売を上手に利用することができれば我が家のお財布にも優しいですね。「愛情ホット庫」を使うことで、大きな幸せ気分を得られそうですね〜♪

しか〜し、「あら熱取り機能」でびっくりするのは早かったのです。
「愛情ホット庫」は冷蔵庫だというのに、なんと温め機能がついていたんです!
どうして冷蔵庫なのに温めることができるのか…。
それは、To be continued でございます。

サハラ * コミュニケーション * 06:03 * comments(0) * trackbacks(0)

第二回MONO-PORTAL体験&撮影ツアー≪ビール工場編≫
ザ・プレモアム・モルツを飲みつつ、愛について考えました。

2006.06.28 Wednesday

beer1過日の6月17日、
第二回MONO-PORTAL体験&撮影ツアー≪ビール工場編≫に参加してきました。

となりのトトロのネコバスと同じくらい、ず〜っと乗りたいと思っていた「ビール工場行」のバス。願いが叶いました(^_^)。

beer2我らブロガーグループ以外にも、たくさんのお客様がバスに乗り込んでいきます。
熟年のご夫婦、20代のカップル、子供連れの家族などなど、年齢とか属性とかバラバラだけど、なんかみんな嬉しそう♪ それはやっぱり行き先が「ビール工場」だからかな(^_^)。

beer3


今回は「ブロガー向けスペシャル」ということで、まずはサントリービールのこだわりについて、レクチャーを受けました。

◎「水と生きる」サントリー

beer5

知っていそうで今まで知らなかったビールの素材。

こだわりの素材その1.
【二条大麦】




beer6これが二条大麦です。実際に食べてみました。

お腹が空いていたこともあり、見本だというのにバクバク食べてしまいそうになりました。二条大麦を食べたのは初めてでしたが、香ばしくてビールのつまみにぴったりでした(^_^)。

beer11
こだわりの素材2.
【ホップ】

ザ・プレミアム・モルツは、香り高いアロマホップを2倍使用されています。受粉前の雌株が持つ毬花の中のルプリンが、独特の香りと苦味を生み出しているのだとか。

beer12
こだわりの素材3.
【天然水】

「水と生きる」サントリーのこだわりの天然水を使用。
天然水とは、特定水源の地下水のうち、ろ過・沈殿・過熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行なわない水のことです。


beer8











工場見学が進むうち、サントリーのこだわりを目の当たりにして、あちこちから感嘆の声があがっていましたが、特にこのコーナーでは、ひときわ大きな声があがりました。おぉ、すごいっ! なんとゴミが35種類に分別されていたんです。う〜ん、すごいです。

◎「ビールの製造工程」詳しくはこちらをご覧ください。

+ + +

beer15製造ラインの見学やザ・プレミアム・モルツ講座を終えて、待ちかねた試飲タイムに突入!

と〜ってもおいしそうに注がれた、たくさんのビールグラス♪



beer16


各チームごとに乾杯!




beer17


試飲タイムの途中から、美味しいビールの飲み方を教えていただいたり…。



beer18


「もっとビールを美味しく飲む」体験講座が開催されたり…。




beer21


ふむふむ、なるほど…。




beer22


サハラもご指導をいただきながら、サーバーからビールを注がせてもらったり…。




楽しくおいしく、ザ・プレミアム・モルツを堪能していたのですが…。ビールの泡以外に、サハラの頭の中で渦巻いていたものがありました。

そ・れ・は…、愛っ!

beer13


「世界最高峰のビールを作りたい」
その思いが、ザ・プレミアム・モルツが生まれる出発点だったと、ザ・プレミアム・モルツ講座でうかがいました。

10年の歳月をかけて作られたザ・プレミアム・モルツは、「世界最高峰のビールを作りたい」と名誉と意地をかけた醸造家の夢の結晶なんですね。

◎「開発にかける思い」詳しくはこちらをご覧ください。

beer14「思い」が形になるまでには、筆舌に尽くせないほどの苦労があるのだろうと思いつつも、モノを生み出す職人に憧れます。

自分は、自分の仕事や生活に惜しみない愛を注ぎ込んでいるだろうか…。

「分析値だけでは同じものは作れない」
開発の方がビデオの中で言っていた言葉です。真似できない美味しさは、農作物であるホップ、生きものである酵母、そして人の技術が相まって生まれるのだそう。

農作物と酵母と人。どれが欠けてもザ・プレミアム・モルツは生まれなかったのですね。天然水もそうですが、私たちは自然の一部なんだと、ビールを飲みつつ胸が熱くなりました。

いやぁ〜、第二回MONO-PORTAL体験&撮影ツアー≪ビール工場編≫、たくさん学び、たくさん飲んで、た〜っくさん愛について考えた1日でした。やっぱりナニゴトにも熱い思いが大切なんですね。

当日お会いしたすべてのみなさま、ありがとうございました。いろいろ勉強になりました。漠然と考えていたこれから自分が作りたいモノ、ちょっと形が見えてきたような気がします。(^_^)/

「ザ・プレミアム・モルツ」ブログキャンペーン


【後日談】
飲んでます、ザ・プレミアム・モルツ




この日以来、
ザ・プレミアム・モルツ飲んでます♪

お土産にいただいたサントリークォータリー の80号に掲載されていた、サントリー創業者・鳥井信治郎の「利益三分主義」の精神と、「陰徳あれば陽報あり」の言葉に背筋を伸ばしています。キピピッ!

サントリー ザ・プレミアムモルツ 350ml×12缶(1ケース)サントリー ザ・プレミアムモルツ 350ml×12缶(1ケース)サントリー ザ・プレミアムモルツ 350ml×12缶(1ケース)サントリー ザ・プレミアムモルツ 350ml×12缶(1ケース)サントリー ザ・プレミアムモルツ 350ml×12缶(1ケース)サントリー ザ・プレミアムモルツ 350ml×12缶(1ケース)サントリー ザ・プレミアムモルツ 350ml×12缶(1ケース)サントリー ザ・プレミアムモルツ 350ml×12缶(1ケース)サントリー ザ・プレミアムモルツ 350ml×12缶(1ケース)サントリー ザ・プレミアムモルツ 350ml×12缶(1ケース)



サハラ * コミュニケーション * 16:11 * comments(4) * trackbacks(0)

いよいよあした開催!
MONO-PORTAL第二回体験&撮影ツアー≪ビール工場編≫ 

2006.06.16 Friday

梅雨のどまんなか、どんより天気が続いている東京地方です。
こんな時こそビールを飲んでぱぁ〜としなきゃね♪ 

beerということで、待ちに待ったMONO-PORTAL第二回体験&撮影ツアー≪ビール工場編≫が明日となりました。

サハラにとって、このビール工場は思い出の地です。と言っても、行くのは初めてなのですけれど。思い出とは、あの曲です、あの曲! 
♪左はビィル工場ぉぉ♪♪ 

あの曲を聴きながら、いったい何組のカップルがあのあたりを走ったのでしょうね。後年、自分がこんなにビール好きな大人になり、大挙してビール工場に行くなんて想像もしていませんでした…。なんとなく、あの頃の自分が懐かしい。

は、そんな遠い昔に思いを馳せている場合ではありません。なんてったって明日のMONO-PORTAL第二回体験&撮影ツアー≪ビール工場編≫は、工場でしか味わえない「生まれたて新鮮ビール」も堪能できる「大人の社会見学」なんです。

せっかく行くのだからと、サントリー武蔵野ビール工場の公式サイトで予習をしていたら、サントリー<工場へ行こう>プレゼントキャンペーンなるものを発見!

10問のクイズにチャレンジして(ヒントがあるので全問正解がお約束♪)、「ザ・プレミアム・モルツ6缶セット(350ml)」もしくは、「山崎12年&白秋12年ベビーボトル(180ml)セット」が応募者全員の中から100名に当たるとのこと。もちろんサハラは全問正解して応募しました。

さらに、プレゼント応募完了後に発行される「クイズ終了証」をプリントアウトして見学受付の時に渡すと、もれなく「工場オリジナル・グッズ」がいただけるそうです。はい、サハラはしっかりプリントアウトして準備万端です♪

さらにさらに、当日たくさん飲ませていただく「ザ・プレミアム・モルツ」のブログキャンペーンも行なわれていましたよ。
トラックバックしていただいた方の中から、旅行券10万円分を1名様に、「ザ・プレミアム・モルツ」1ケース(12缶)を100名様にプレゼントいたします。
※お題は、全部で4つございます。
どのお題にトラックバックしていただいても、選考の対象とさせていただきます。また1つのお題につき、何回でもご応募いただけます。
ふふふ、こちらにもサハラはちゃっかり応募しちゃいました。工場見学前からひとり盛り上がっております。

さてと、あまり盛り上がりすぎて熱など出さないようしなくちゃね。ではでは、工場見学より戻りましたらまたご報告いたしま〜す。


サハラ * コミュニケーション * 00:45 * comments(2) * trackbacks(0)

今日が締め切りです。中国茶とか当たるかも〜♪

2006.05.10 Wednesday

お気に入りのレビューを書いてる方なら、
どなたでも応募ができるあれ、今日が締め切りです。

第1回 気になるアレを調査しませんか? 〜中国茶器&中国茶編〜

お忘れなく!
ジョギング
サハラ * コミュニケーション * 13:15 * comments(4) * trackbacks(0)

サイバーショット「DSC-M2」セミナーへ行く!

2006.04.28 Friday

M2え〜、告白しますが、サハラは「写真って映っていればいいでしょ」派なんですね。

写真を撮るときは、気の向くままにカシャ、おもむくままにカシャ、そしてまたカシャカシャなワケなのですが…。

そんなカシャカシャなサハラの気持ちを動かしたのは、先日わださんにお誘いいただいて、ご一緒した京都旅行でのこと。

写真をとるタイミングとか、構図とか、撮影枚数とか、とかとかとか、とにかくわださんの写真がとてもきれいで、感激しつつ&びっくりしてしまったんですね。

だってね、わださんが使っているカメラは、サハラと同じカメラだというのに、そのあまりの違いに……、もう言葉もありませぬ状態(涙)。

実は、あの京都旅行初日がサイバーショット「DSC-M2」のデビューだったサハラは、初期設定さえままならず、行きの新幹線の車中でわださんにやってもらったのでした。ワケ分からずいじり回されていたサハラの「DSC-M2」は、なんでもとんでもない設定になっていたとか(汗)。わださん、その節はありがとうございました。

そんなこんなで、京都旅行中「サイバーショット「DSC-M2」の活用セミナーに行こう!」話が盛り上がり、同じく「DSC-M2」ユーザーである、らむねさん、みにぃさんもお誘いし、一昨日4人で行ってきたのです。申し込み時点で最小催行人数が4名というのは聞いていたのですが、セミナー当日、参加者はワタシたち4人のみの貸し切り状態となりました。

貸し切り状態、ワタシたちは嬉しかったものの、インストラクターの方にはお気の毒だったかも…(奇想天外な発言が多々ありましたが、それはそれで教え甲斐があったというものでしょうか 笑)。

4人の「DSC-M2」に対するLOVE度や知識がバラバラだったわりに、2時間のセミナーが終わったころは、それぞれの疑問や、あぁ勘違いが解決したりで、けっこうみんな満足した感じ♪

セミナーのキャッチフレーズに「慣れるより習おう!」がありましたが、実際に習ってみると、なるほど納得〜な感じでした。ていうか、マニュアルを読まなさすぎの自分を反省&叱咤激励したりもしましたが、ま、それもよし、ということで!

たくさんある機能の説明、夜景を上手に撮る裏テク、「DSC-M2」ならではの動画撮影などなど、う〜ん、カシャカシャするのが楽しくなってきました。


チップ













セミナー後に「お茶しましょ」と寄ったラーメン屋さんで、さっそく撮影開始。
ビールの付き出しのチップ。


餃子













わださんオーダーのしそ餃子。

以前より、ちょっとは美味しそうに撮れたかな?
今度は構図や撮影テクニックなどのセミナーにも参加してみたいけど、「慣れるより習おう!」のあとしばらくは、「慣れるまで撮りまくれ!」と思った次第。

ご一緒していただいた、わださんらむねさんみにぃさん、多謝です。これからも、いっぱいカシャカシャしましょ♪ ありがとうございました。
サハラ * コミュニケーション * 00:17 * comments(6) * trackbacks(0)

レビューは楽しっ♪

2006.04.26 Wednesday

なんだか最近アクセス数が伸びてるな〜、と思ったら感想・体験談検索エンジン 気になるアレを調査します!の「人気の記事ランキング」で1位になっていて、そこからのアクセスが増えていたのでした。

嬉しっ!

これは、燃効スープダイエットと共に歩んだ7日間のレポートです。このレポートを書いたときの自分の気持ちを、はっきり覚えています。

このレポートを書いた昨年10月末は、初めての自分の本の最終校正の時期でした。校正のプロによる誤字や脱字、引用部分の整合性などのチェック、編集長や担当編集者のチェック、そして著者である自分のチェック。何度も何度もチェック作業が続きました。たしか3校までチェックが続きました。

本が生まれるのって大変なんだ…、そう思いつつも、すでに書き上げた文章は自分の手を離れた存在なワケで。早く次の新しい何かを書きたいと思っていました。

出版という自分にとって大きなアウトプットが済んだあと、少し呆けてしまうかな、そんな風に思ったのも束の間、新しいレビューを書きたいな〜と思っていたのです。そんな風に思った自分に、ちょっとびっくりしたことも覚えています。

ちようどそんな時に届いていた燃効スープダイエットicon
・こんな感じで写真を撮ろう。
・カロリー計算もきっちりしよう。
・目から入る情報も大事だから食器も毎回変えてみよう。
・自分なりのダイエットの意味(体メンテナンス)を見つけよう。
などなど、はじまる前からやる気満々だったワケです(笑)。

あらためて今あのページを読んでも、あの時の楽しかった7日間を思い出すことができます。この「楽しい」感じが、ページを通して読む人に伝わっていたなら、それはとても嬉しいし、もしかしたら誰かのお役にたったかもしれないし♪

レビューって楽しいなぁ。そんなことを実感させてくれた感想・体験談検索エンジン 気になるアレを調査します!に大感謝です。主宰者のアフィリさん、あらためてありがとうを言わせてくださいね。

そんな素敵な「感想・体験談検索エンジン 気になるアレを調査します!」が、
現在実施しているブラボーな企画が↓こちらです。

第1回 気になるアレを調査しませんか? 〜中国茶器&中国茶編〜
1.貴方のサイト内で最もお気に入りのレビューコンテンツを選んでください。(応募レビューに商品指定はありませんので、既存コンテンツでも新たに作成したものでもどちらでもお気軽に応募してください♪)
2.そのレビューコンテンツを、「応募フォーム」から必要事項を添えて送信してください。
3.平成18年5月10日が締めきりです
4.賞品を提供するECサイトオーナーが貴方のレビュー記事を訪問し、「この人にレビューして欲しい!」という方を選びます。
5.ECサイトから賞品が提供されます。
6.実際にアレコレ使って楽しんでください。
7.1ヶ月を目安に賞品を使用しての感想や楽しみ方を自サイト内にレビューコンテンツとして作成してください。(レビュー作成は必須です!)

選ばれた方には、ショップから無料で商品が提供され、新たなレビューコンテンツを作成するチャンスとやる気のあるショップオーナーとの出会いという財産が得られます。
(当選後に作成したレビュー記事が優秀なら、ショップサイトから「お客様のレビュー」として直接リンクして貰えるかもしれません!)
思いを込めたレビューは、たくさんの人に読んでもらいたいものです。そんなきっかけになるかも…な、この企画にみんなで参加しちゃいましょう。

ところで、サハラが今ブログを書きながら飲んでいるこのお茶は、「はなまるマーケット」でも紹介された、苦丁茶(一葉茶)です。

苦丁茶1苦丁茶葉
なにやら体に良さそうなのですが、苦い! です。大き目のマグカップにこの量の葉で5煎くらいは飲めるのだとか。すでに3煎目ですが、やっぱり苦い。苦いけれど、苦い中にほんのり甘みがあるみたい…。

あ、このお茶のレビューを書いて第1回 気になるアレを調査しませんか? 〜中国茶器&中国茶編〜に応募しよっと♪





サハラ * コミュニケーション * 13:59 * comments(6) * trackbacks(2)

土曜の昼下がりには、中国茶が似合います♪

2006.04.10 Monday

表参道の人ひとヒト










最近、サハラが欲しいモノって何だろう…。
どこまでも歩くことのできる頑強な脚力とか、あの水着をかっこよく着ることのできるクビレとか(くれぐれも想像しないでくださ〜い 汗)、あのホテルで優雅にオーダーのできる英語力とか、パソコンワールドの理解力とか、それを勉強する持続力とか、そもそも、その能力とかとか。

なにかモノが欲しい時って、そのモノ自体が欲しいワケじゃなく、それを使って「なりたい自分になれる」ことを手に入れたいんだな、きっと。明治神宮の初詣のように混みあう表参道ヒルズをスルーしながら、そんなことを思いつつ目的地のダイヤモンドホールに到着!

と思ったら、目的地はダイヤモンドホールじゃなくてダイヤモンドビルだった(汗)。こういう時にバタバタ慌てない心も欲しい…、というか必要ですね。

+ + +

茶1










本当の目的地はこちら。
アフィリさんのお誘いで、中国茶と中国茶器の専門店「恒福茶具」さんの中国茶のお茶会に参加してきました。

レビューブロガーを応援するアフィリさんと、A8.net の共同企画(★あなたの思いには価値があります)で実施された今回の中国茶のお茶会ですが、「趣味が高じて中国茶のネットショップを作っちゃいました」と自らおっしゃる白川店長の、中国茶LOVEのトーク満載でとっても楽しかったです。


a2










中国茶の世界では急須を「茶壷」と呼びます。写真中央。
写真右側に写る背の高い器は、香りを味わうための「聞香杯」、手前のお猪口みたいなのはお茶をいただくための器「茶杯」です。


茶3










陶芸が趣味という白川店長は、ある時を境に急須の虜になり、いろいろな急須を研究するうちに、お茶を淹れるための究極の急須は宜興紫砂壺だと思い至るようになったとか。

そして宜興紫砂壺のコレクションがはじまり、当然のように中国茶を知り、奥深い中国茶の魅力にハマってしまった…、そんなエピソードを語りつつ、次々とお茶を淹れてくれました。

茶4










「茶海(淹れたお茶の濃度を均一にサービスするための器)」に「茶漉し」を置いて、お湯を淹れていきます。


茶5










香りを味わうための「聞香杯」に人数分のお茶を注ぎいれます。中国茶は茶葉によって違うものの、たいていのものは五〜十煎くらいは飲めるとのこと。小さな「茶杯」で、一煎目、二煎目、三煎目と次々と変わる味わいを楽しむのだそうです。


茶6










写真を撮り忘れちゃったのですが、「聞香杯」の上に「茶杯」をかぶせてきのこの山のような形にし、それを指で挟んでエイヤッと引っくり返したのがこの写真です。


茶7










蓋のようになった「聞香杯」を開けます。写真のお茶は「白茶」です。「聞香杯」に鼻を近づけると、杯の中に凝縮された香りがとてもいい感じで漂います。香りも楽しむ中国茶、このことを実感する瞬間でした。少し時間が経っても、そのいい香りは持続していました。


茶8










「白茶」は種類も生産量も少ないお茶で、新芽のみを利用して味も綺麗、淡白な香りが特徴です。


茶10










これは、プーアル茶の生葉です。「恒福茶具」さんは、感動の味わいの中国茶を数多く紹介していますが、その中でも特にプーアル茶にこだわりを持っています。

プーアル茶には熟茶と生葉があるとのことで、今回初めて飲み比べをしてみました。白川店長が「生葉でこそプーアル茶を飲む価値がある」と言い切っていましたが、実際に飲んでみるとその言葉は、なるほど納得のおいしさでした。

生葉のプーアル茶は味わいが深く、年月を経て熟成されたものだけが持つ完成度の高い風味があるんです。中国茶まったくの素人のサハラながら、その違いには感嘆しました。

茶11


味の違いにびっくりしたのも束の間、白川店長はこんなことをして参加者をまたまたびっくりさせてくれました。

なんと、垂直に近いほど急須を傾けても、蓋が落ちないのです!

どうしてっ?!





茶12










そのわけは、蓋裏にありました。蓋のこの部分↑が高ければ高いほど、密閉性が高くなり、垂直より内側角度にしても落ちないのだそうです。

急須の材料である紫砂を厳選した、作家による手作りの宜興紫砂壺だからこそ、びっくりの密閉性=職人技なのだと一同関心しきりでした。


茶13










この日、白茶、青茶、黒茶、プーアル茶、苦丁茶など、たくさんの中国茶をいただいたのですが、それぞれのお茶のおいしさに感激すると共に、実は密かにサハラがいちばん感激したのは、写真の竹製トングです。熱くなった茶杯を挟むために使うものですか…。

これは市販されているものではなく、白川店長のお客様による手作りのプレゼントとのこと。こだわりの白川店長には、同じくこだわりのお客様がいらっしゃるのですね〜。類は友を呼ぶ、なのですね。サハラのまわりには、なぜか飲んだくればかり…、なんでっ?(汗)。

ところで、他の参加者のみなさんから「サハラさんちにも、こういうのあるんじゃないの?」と聞かれ、なぜか、その時「んっ?」と思ったものですが…。

茶14










家に帰ってから、どうしてあの時「んっ?」と思ったのかしらん。
そう思いつつ探したら、なぜかありました〜、竹のトング。
でもそれは100円ショップで買ったバーベキュー用のガサツなトングでした(笑)。

サハラ家は繊細な味を楽しむ家風ではないことが、あらためて判明!
ま、それも楽し、な土曜日でした。

恒福茶具」の白川店長、、A8.net のみなさま、アフィリさん、お誘いありがとうございました。

ダイエット・便秘防止、花粉症やアトピー・糖尿病・高血圧症・癌防止・体質改善・血流改善などなどにオススメの、「青山緑水」とその名も美しい苦丁茶のことなど、山ほどある書きたいことは後日またあらためて、ということで。

さてさて、こんな楽しい中国茶の世界を実際に試せるコンテストが開催されます。詳しくは、第1回 気になるアレを調査しませんか? 〜中国茶器&中国茶編〜をご覧ください。商品も豪華です。奮ってご参加くださ〜い♪

+ + +

★コンテストに参加するには、最初にA8.net に登録し、次に中国茶と中国茶器の専門店「恒福茶具」 にも登録してくださいね。





サハラ * コミュニケーション * 23:18 * comments(6) * trackbacks(1)

MONO-PORTAL体験&撮影ツアーに参加します♪

2006.03.10 Friday

MONO



MONO-PORTALの企画第一弾
おさわりツアーいよいよ明日開催。


サハラは「壊れるまで新しいものは買わない」派です。
で、現在の我が家で壊れそうな電化製品が2つ。
それはデジカメと電子レンジ。

どちらも年代モノ。
どちらも毎日の必需品。

これは壊れる前に買わなきゃね〜と思っていた矢先の「おさわりツアー」。
とっても楽しみにしています。

と、そんなサハラのメールボックスに届いた1通のメール。
明日の待ち合わせや詳細を記したものでした。

えぇ〜、なんですと!
なんとウォーターオーブン「ヘルシオ」体験会を実施してくれるシャープさんからのお申し出で、ヘルシオが一台、参加者にプレゼントされるそうです。あと同じくPCサクセスプチ見本市に出展してくださるサンワサプライさんからも、1万円分の製品が賞品として提供される他、抽選会にも大量の製品をいただき、

「多分参加者全員にプレゼントがある状態ですよ!」

とのこと。
うーん、嬉しすぎます!

減る塩…、じゃなかったヘルシオが当たるかも…。
こういう場合、邪念を持ってはいけないと思いつつ、ヘルシオほしいほしいほしい
しつこい女は嫌われますよ、そこのアナタ。

明日が楽しみです。むふふのふ♪
サハラ * コミュニケーション * 12:07 * comments(2) * trackbacks(1)

女性限定 Zaurus活用&使い方セミナー -今年は手帳を買いません!- 

2006.01.10 Tuesday

サハラはメモ魔である。
なにかしらいつも書いている。
見たり聞いたりしたことを、なんにでも書いてしまう。
で、書いたコトそのこと自体で満足してしまい、すぐに忘れてしまうし、どこになにを書いたのかも忘れてしまう。

これではメモ魔というより、書きっぱなし魔である。

今まで10年以上、同じスタイルの手帳を使ってきた。カバーなど相当の年季が入っていて、人前で出すのが恥ずかしいほどボロッ

手帳の中にはポストイットがいっぱい貼り付けてあるのだけど、開け閉めしているうちに剥がれてしまうことも多く、用件が終わらないうちにポストイットが行方不明になり…、その結果失敗したことも多いというポカスケでもある。

そんなポカスケサハラに救世主が現れました。
コトの発端は、本の取材で初めてお会いした傍嶋恵子さんでした。傍嶋さんがかっこよくザウルスを使っているのを拝見し、これだっ!と思ったのです。
SHARP ザウルス SL-C3000
Amazonで詳しく見る by G-Tools

今のところ、スケジュールとタスク管理をメインに使っているのですが、どうやらザウルスの実力はそんなものでは済まないらしい。

このままでは宝の持ち腐れだなぁ…、と思っていたところまたまた傍嶋さんから救いの手が差し出されたのです。ブラボー♪

(有)オフィスヒマワリ 2006年新春セミナー
すきま時間を価値のある時間に!
女性限定!Zaurus活用&使い方セミナー

【開催概要】
■日程/2006年1月14日(土)
■時間/13:00 - 16:00
■会場/新宿 J'Z(ジェイズ)
東京都新宿区歌舞伎町1-1-16
テイケイトレードビル(旧朝日生命ビル)B1
(JR新宿駅東口より徒歩4分/西武新宿駅より徒歩3分/都営線新宿3丁目駅より徒歩3分/地下鉄丸の内線新宿駅より徒歩3分)

■対象/女性限定
■参加費/5,000円
■定員/30名(満員の場合には、先着順)

★第1回セミナー開催記念
参加者全員に、SHARP特製マウスパッドをプレゼント!

主催:(有)オフィスヒマワリ
協賛:SHARP株式会社
協賛:株式会社メディア・テック出版

■セミナー内容 第1部
"すきま時間をザウルスで価値のある時間に”
講師:入部明子 氏
つくば国際大学助教授。

■セミナー内容 第2部
”あなたも今日からザウルスが使える”
実際にザウルスを体験してみましょう。
講師は、PCインストラクターやセミナー講師の経験が豊富です。
講師:傍嶋恵子 氏
ジャーナリスト・テクニカルライター
(有)オフィスヒマワリ代表取締役

詳細ページはこちらです

申し込みはこちらです

まだ若干の残席があるとのことです。嬉しいことに傍嶋さんのご厚意でサハラの友人には半額でご招待していただけるとのことです。ブラボーagain♪

申込みフォームの紹介者の欄のところに「サハラ」と記入してくださいね。精算は当日とのことです。サハラも目一杯の勉強モードで参加します。

【傍嶋さんとザウルスに出会った本】





傍嶋 恵子

ブログのアフィリエイトで上手にお小遣いを稼ぐ本


【傍嶋さんにいただいたザウルス本 ただいま勉強中!】





入部 明子, 傍嶋 恵子

入部明子助教授のザウルス徹底活用術



サハラ * コミュニケーション * 13:18 * comments(2) * trackbacks(0)