Search this site. 

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

2009.06.22 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

チャトラン見つかる!

2004.11.23 Tuesday

10月19日より行方不明になっていた近所の猫、チャトランが無事保護される!

neko

そうとも知らないサハラは昼過ぎ散歩に出たところ、駐車場でチャトランらしき猫と遭遇し「あっ、チャトランだ!」と捕獲しようとした。チャトランの特徴である耳の先っぽの割れを確認したが、割れていない。「チャトランじゃない……。」 電信柱に貼ってあるチャトランのポスターで、特徴を再度確認しようとにすると、なんとそこには

「チャトラン見つかりました!」の文字が。
1ヶ月ぶりにチャトランは保護されていた。写真のチャトランは少し痩せていたけれど、しっかりとカメラ目線でご主人を見つめていた。
みんな、心配していたんだよ、チャトラン。

帰りが遅くなった夜道、自動販売機の灯りの下で地図を広げてなにやら相談する人影を何度か見かけた。ペット探偵と飼い主の方と思われる人が、「ここのエリアは捜索済みです」などと打合せをしていたのだ。

しばらくは外に出してもらえないのかな。
ケータイに入れておいた「チャトラン」の連絡先を削除した。

おかえりチャトラン。
どこでどんな大冒険をしてきたのか、今度ゆっくり聞かせて欲しいもんだ。
サハラ * ご近所・地域 * 15:15 * comments(8) * trackbacks(1)

チャトランは、どこへ?

2004.11.09 Tuesday

10月19日から近所に住むチャトランが姿を消した。

neko

雄猫の14歳、高齢だけど決してヨボヨボ感がなく、大きなお腹を揺らし悠々と通りを歩いていた。サハラと顔を合わすたび、足元にゴロゴロと擦り寄ってくる気のいいチャトランが行方不明になっている。

最近アイツを見かけないなぁ、と思っていたら近所の電信柱に「探しています」ポスターが貼られるようになった。そのポスターではじめて名前はチャトラン、年齢14歳ということが分かった。

今朝、ある用事のため6時前に家を出て私鉄の駅へ急いでいたら、キックスケーターに乗り、右手に双眼鏡、首から大きなプラカードを下げている不思議な男の人と出会った。なんとその人は、チャトラン捜索を依頼されたペット探偵とのこと。首に下げられているプラカードには、チャトランの写真があった。

「このプラカードの写真、実物大なんです。見かけたことありませんか?」
「顔なじみの猫なので、気をつけてみているのですが…。」
「大きなお腹が特徴ですが、半月以上経つのでかなり痩せたしまったと思います。」

+ + +

アトピーがひどかった頃、当時サハラの住んでいた部屋に通ってくる猫がいた。サハラが帰宅する時間が分かるのか、いつも玄関先で待っていた。
顔を見ると「にゃあ〜(おかえり)」とひと声。ドアを開けるとあたり前のように一緒に部屋に入る。ご飯を食べ、気ままに時間を過ごし、朝になると「にゃあ〜(外に出して、今夜またね)」 と言って出ていく。サハラの部屋で粗相することは決してなかった。

そんなある日、サハラの血液検査の結果で「猫の毛」に対するアレルギー反応が異常に高く、アトピー悪化のひとつの要因として指摘されてしまった。「猫を飼っていますか?」と問われ、「飼っているわけではなく、通い猫なんです。」そう言い訳するサハラに、ドクターは「しばらく通りで見かけても近寄らないように。」と指導した。

日に日にアトピーが悪化し、なにをしても良くならず、なにが原因なのか分からない混乱の時期だったので、サハラの神経はかなり疲れていた。その日も、サハラの帰りを待つように玄関先にその猫はいた。一緒に部屋に入り、ご飯を食べながら「明日からしばらくは会えないんだよね。」と話した。猫は分かったような分からないような顔をして、大きな伸びをひとつして寝転んだままだった。けれど、翌日からその猫は来なくなった。

+ + +

いなくなってしまったチャトラン、いまどこで、なにを思っているんだろ。チャトランやあの猫にもういちど会いたいと、夜が明けてくる私鉄の駅で思った。
サハラ * ご近所・地域 * 10:30 * comments(11) * trackbacks(0)

自転車に乗って。

2004.08.25 Wednesday

自分へのご褒美にと、自分で自分へプレゼントをすることがある。
まぁたいていは美味しいお酒や食べ物など、消えモノが多いけれど、
サハラがまだ勤め人だった頃、6ケタのご褒美を買ったことがある。
それはマウンテンバイク。自転車

今考えると、当時は自分でもびっくりするくらい仕事をしていた。
朝は9:30から始業し、ほとんど毎日終電での帰宅、時にはタクシーでの深夜帰宅も。
当然のことながら外食がち&運動不足と、体には良くない生活パターンに陥っていた。
これが後々アトピーを引き起こす原因のひとつにもなるのだが…。

これじゃぁいかん!と一念発起しマウンテンバイクを買った。
名前もハリケーンと、なんだかとっても速そう。
で、自宅からオフィスまでの通勤の足としてみた。

片道45分。
東京の街は車ではあまり感じないけれど、自転車で走ってみるとかなりの起伏があるのが分かる。世田谷、渋谷、代官山、青山とサハラの通勤路には、文字通り谷と山の多いこと多いこと。

最初の頃は「とんでもないことをはじめてしまった」と冷や汗モノだった。
自転車は道路交通法で車道を走ることになっている。一番歩道寄りの隅っこを走っていても、トラックに幅寄せされたりクラクションを鳴らされたりすることが多かった。マウンテンバイクに慣れずヨタヨタ走るサハラは、トラックから見たら危険物だったと思う。

ある時、路地から飛び出してきたママチャリとぶつかった。坂を下ってきたその自転車には勢いがあり、横からぶつけられたサハラは車道まで飛ばされた。幸い擦り傷で済んだけど、ぶつかったオバチャンはサハラよりも自分の自転車を心配していた。おいおい、それはないんじゃないの。(路地から出るときは一旦停車しましょう)
そういえば、カラスに襲われて木にぶつかったこともあったっけ。

けっこう怖い思いもしたけれど、2ヶ月が過ぎる頃にはマウンテンバイクでの通勤を楽しめるようになった。いつもなら地下鉄で通り過ぎてしまう街を、マウンテンバイクごしの視線で見ることは発見の連続だった。

深夜の代々木公園沿いを通過すると、トランペットやサックスなど管楽器の音色が聞こえてきたり、代官山のブティックでは閉店後、ウィンドーのディスプレイを替えていたりと、あちこちでガンバルヒトたちを見ることができた。サハラはビューンと走りながら、流れゆくたくさんの風景から元気をもらっていたような気がする。

最近はマウンテンバイクで走ることが少なくなってしまったけれど、
つい先日雑誌で素敵な記事を発見!
サイクリングマップの中に、サハラが住んでいる街から東京駅までのコースがあった。
そのルート上には「桜田門から入り二重橋へ抜ける」エリアがあり、ここは何と皇居の中なのだそう。おまけにベンチもあるから休憩ポイントにもいいだろう、なんてことも書いてある。
早朝サイクリングで皇居へ足を踏み入れる、これは中々面白そう。
近いうち、さっそく走ってみようっと。
サハラ * ご近所・地域 * 12:35 * comments(0) * trackbacks(0)

寝坊した朝に見えるモノ。

2004.08.05 Thursday

2004.7.29記

5時台に起きている、と以前に書いたけれど
寝坊してしまう朝があります。
たくさんお酒を飲んだ翌朝とか、何日かにいっぺんは寝坊する。
体がもっと寝ていたいと思ってるんだろな。

で、寝坊した朝。
「散歩どうしようかなぁ」と思いあぐねる。
ボーっとしてる内に、あっと言う間に人がたくさん動き出す時間になって
「今日はやめとこぉ」と、あいなってしまう。

それでも、「最近さぼってるし、夕方になると足がだるいし」などと
行きたくない自分に、行きたい自分が粘り勝ちをして
少し遅めの散歩に出る朝も・・・ ある。

いつもは6時前からの約1時間がお散歩タイム。
でも、寝坊した朝は6時半過ぎに家を出ることになる。
朝の40分ってかなり大きい。
もうラジオ体操には間に合わないし、気温も上がってきていて
爽やか早朝散歩・・・ って感じじゃなくなっている。う〜ん。

いつもなら会わない外人のカップルが向こうから歩いてくる。
「おはよう」か「Good Morning」がいいかと躊躇してる間に、
相手から元気に「オハヨウゴザイマス」と言われてしまった。う〜ん。

ラジオ体操をしているいつもの芝生では、太極拳のグループが。
太極拳やってみたいなぁ、なんて眺めていたら「ご一緒しませんか」と
声をかけられた。ありがたいけど時間がない。う〜ん。

40分遅い朝は日差しも強くなっている。
「暑いなぁ」と思いつつ帰途につくと、
家に近くの通りに打ち水がされていて涼しくなっている。誰が? う〜ん。

この交差点を渡ると我が家はもうすぐそこ。
角にあるお蕎麦屋さんから、かつお節でダシをとるいい香りが流れてきた。
う〜ん、お腹が空いてきた。

いつものコース、いつもの通り、ありふれた朝。
たった40分なのにこんなに違う。
早起きは三文の徳、これは言えてる。アタリです。
だけど、寝坊の朝にもいろんなことが起きて、いろんなことが見えてくる。
そう、同じ通りの角にも毎日たくさんドラマが起きている。

サハラが寝坊した朝に過ぎていった早朝にも、
サハラが散歩に行かない朝にも、
きっと何かが起きている。
世の中はドラマに満ちている。
自分がこれからどれだけのドラマに出会えるか、
それはこれからの自分次第なんだな、きっと。

金魚のアップ
そういえば、先日ウチにやって来た金魚たち。
その一匹が水草の上でよく寝てる。
頭を水草にのせ、もう1枚の水草を布団のようにかけて寝てる。
金魚がこんな風に寝るなんて知らなかった。

金魚鉢の中でおこる涼やかなドラマが、ここにもひとつ。
(って、金魚にとっては日常なんだろなぁ、多分・・・。)

【追記】その後の観察により、3匹共に良く寝てることが判明。
水草のベットは寝心地がよさそうです。
サハラ * ご近所・地域 * 12:41 * comments(3) * trackbacks(0)