Search this site. 

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< マツダミヒロ著 こころのエンジンに火をつける 魔法の質問 | main | 岩田範博著 「本気で稼ぐサイトを作る!アフィリエイト必勝制作ガイド」 >>

スポンサーサイト

2009.06.22 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

和田亜希子著 ひとつのブログで会社が変わる

2005.12.23 Friday

wadaさん本2005年も残すところ10日を切ったこの時期、WADA-blogの和田亜希子さんの新著、ひとつの ブログで会社が変わるを読みながら、自分がブログと共に過ごしたこの1年を振り返ってみました。

なぜって?
それは、サハラ自身「ひとつのブログで自分が変わる」経験をしたからです。





和田さんは本の冒頭で、こんな風に書いています。
本書では、企業から見たブログの魅力、そして可能性について考えてゆくとともに、その特性を最大限活かしたブログ・マーケティングを展開するために不可欠な、企画立案や運用テクニックについて解説してゆく。「ブログ」は、WEBマーケティングに直接関わる担当者だけのものではない。アイデアひとつで非常に大きな効果を生み出すことができる、汎用性の高いユニークなツールである。

「ブログを使って一体何ができるのか」
この一点を常に頭の片隅に置いて、本書を読み進めていって欲しい。
サハラにとってブログは、今年の大きなテーマでした。ブログをはじめるとき、自分で決めたルールがあります。

1.ウソは書かない。(ごまかさない)
2.知ったかぶりを書かない。(模倣しない)
3.他の人のことは書かない。(中傷しない)

自分のブログ、上記を守って書いてきたつもりなのですが、かなり誤解を受けていることに最近気がついたのです。誤解を受けているブログはここじゃなくて、あっちなのですが。

え〜っと、まぁ、誤解を受けているといってもマイナスイメージではないのですが…。いわく、サハラを↓こんな人だと思っている人がブログの読者に多数いるのです。

・ゆったりと流れる空気感
・癒し系
・すべてにおいてハイセンス
・人柄が滲む上品な文体
・強くて優しい人
・本当に素敵

友人とか、1度でもサハラに会ったことのある人にとって↑は、ぷぷぷ〜っな感じだと思います。あの…、現実のサハラはこんな感じじゃないんです。でもね、ブログにウソは書いてないんです。自分をつくろって書いたつもりもないし。なのに、現実の自分とギャップのあるサハラ像ができてしまう。なぜ?

思うに、「ワタシきれい」と名付けたサハラの伝えたいあれこれをぎゅ〜っと詰めたいろんなことを、あっちのブログで書き続けていたら、↑のような印象がサハラ個人にじゃなくて、ブログそのもののプロバディとなっていったのかな、と。それはそれで嬉しい誤算だったかな、と。

あのブログは当初より書籍化が決まっていましたが、具体的なプロットはなにもなく、編集部から「好きなように書いてください」と言われスタートしました。書籍化の話しが来たこと自体は嬉しい出来事でしたが、正直なところ書籍化について及び腰でした。その話しをいただくまで、自分のアトピー経験やそれに伴う思いを「本」にしたいという願望をサハラは持っていませんでした。あの経験ををどのように表現したらいいのか、また、「本」にする価値の是非について、サハラがいちばん懐疑的だったように思います。

そんな思いを抱いたままブログをスタートしたものの、意外なほどにサハラの指は毎日毎日パチパチパチパチとキーボードの上を踊ったのです。そうして毎日書き続けているとコメントやトラックバックをいただくようになり、骨組みさえしっかりしていなかったブログに、血が流れ肉が付いてきたのでした。

血が流れ肉が付いてくると、最初は少なかったカテゴリーも徐々に増え、こんなにも自分の中に伝えたい思いがあったのかと、自分でもびっくりするほどでした。そうなってしまうと、毎日なにを見ても、なにを食べても、夜更かしようと、早起きしようと、走っていても、電車に乗り遅れても、夕立に降られ全身がびっしょりに濡れても…、それはすべて自分の思いを伝えるための示唆ある出来事に思え、それらをブログに書いていったのでしした。

その頃、「毎日よく書くネタがあるね」と周りに言われることもありましたが、周りのネタ切れの心配とは裏腹に、勢いがついてしまった自分に「1日1記事」とブレーキをかけなければ、異様に書き続けてしまう時期もありました。ランニングハイならぬブログハイの時期がサハラにもあったのです(笑)。

ブログは生きている。サハラはそう実感しています。
「ひとつのブログで自分が変わる」ことを体験した今、このブログをどのように成長させていくのか、それがこれからの課題です。ブログによるセルフプロデュース強化が来年のテーマかな。

そんなタイミングで出会った和田さんの新著。ビジネスブログのみならず、個人ブロガーにとってもお奨めの1冊です。なぜなら、すでにブロガーであっても、これからはじめようとしているブロガー予備軍でもあっても、ブログをやっている(はじめようとしている)ことは、伝えたい何かを持っていると思うから。

あなたの伝えたい何かが、伝えたい相手に届く快感を身をもって体感してください。プライベートでもビジネスにおいても、自分を進化&深化させることに役立ってくれるはずです。ぜひ!






和田 亜希子

ひとつの ブログで会社が変わる


サハラ * コミュニケーション * 18:10 * comments(9) * trackbacks(5)

スポンサーサイト

2009.06.22 Monday

スポンサードリンク * - * 18:10 * - * -

関連商品 in Amazon

コメント

本ご紹介いただき、本当にありがとうございます。
まったく同感と思いながら読んでいました。そんなにおしゃべりなほうではないのですが、ブログを始めてみて、他人に伝えること、伝えたいこと、何かを伝えたいと言う思いが自分の中にあったという事実に驚いています。
来年もよろしくおつきあいくださいませ!
Comment by わだ @ 2005/12/24 12:54 AM
■わださん
あらためまして、新著出版おめでとうございます。
読み進めながら「あっそうれば良かったんだ」とか、「うんそうそう」とか、独り言が多かった読書となりました。

3日坊主のワタシがずっと続けていられるのも、コメントなどで反応してくれてる読者の視線が、いい意味で自分の監視カメラのようになっているのかな、と。スープダイエットなどはその典型でした。

今日もいいお天気です。
早朝のジョギング3日目はどちら方面へ行かれたのかなぁ、とWADA-blogファンのワタシとしては気になるところでもあります(笑)。
Comment by サハラ @ 2005/12/24 9:43 AM
トラックバックありがとうございます!

>「ひとつのブログで自分が変わる」

私もそれは感じます。いろんなイベントに足を運ぶようになりましたし、物を見る視点も変わった気がします。

それと、トラックバックをいただいて、この記事を読む機会に恵まれたことに感謝です。
Comment by Key @ 2005/12/24 4:08 PM
■Keyさん
コメントありがとうございます。
ブログをはじめて、ほんと世界が広がりました。
Keyさん同様、ものに対する視点が変わったように思います。
ただ、ブログに費やす時間が長くなり、家庭内では
いろいろ支障が出ている今日この頃…のような気もします(笑)
Comment by サハラ @ 2005/12/27 6:30 PM
>ただ、ブログに費やす時間が長くなり、家庭内では
>いろいろ支障が出ている今日この頃…のような気もします(笑)

そうですねー。
まぁ、その辺はバランス良くやっていきましょう!
私は、割と週末はネットから距離を置くことが多いです。
Comment by Key @ 2005/12/27 9:24 PM
■Keyさん
コメント&アドバイスありがとうございます。

> まぁ、その辺はバランス良くやっていきましょう!
> 私は、割と週末はネットから距離を置くことが多いです。

そ、そうですね。見習わねばなりませぬ…(汗)。
Comment by サハラ @ 2005/12/28 4:34 PM
 初めまして。この本読まれて「個人ブログ」に応用されてるんですね? すごいかも。
 サハラさんの「ブログでご自分が変わった」ご経験にも興味ありです^^;
 今後ともよろしくお願いします。
Comment by 茶太郎 @ 2006/06/10 12:14 PM
■茶太郎さん
はじめまして、コメントをありがとうございます。
レスが遅くなり失礼いたしました。

この記事を書いてからもう半年も経つんですね〜。
ブログって自分の思いのデータベースかもしれませんね。
そんなことを思う今日この頃です。
Comment by サハラ @ 2006/06/15 4:05 PM
 サハラさん足跡&コメントありがとうございました。
「思いのデーターベース」いいですねえ。

 僕も頑張ってデーターベース作り上げていきますb
Comment by 茶太郎 @ 2006/06/15 9:40 PM

コメントする










トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sahara.jugem.jp/trackback/149

和田亜希子さんの「ひとつのブログで会社が変わる」

自ら「完全に『ブログ中毒』状態」と言われる、WADA-blog(わだぶろぐ)の和

From 思いつくまま-足助から- @ 2005/12/24 4:03 PM

ひとつのブログで会社が変わる

日本のアフィリイト業界の先駆者の1人で、超人気サイトWADA-blog(わだぶろぐ)の管理人で、元・自称「ブログ中毒」(24時間ブログを経て禁断症状が治まったとの噂^^)の和田亜希子さんが、満を持して、企業向けブログの本を出版!【予約】ひとつのブログで会社が変

From 山@SURVの楽天日記 @ 2005/12/25 12:12 AM

和田さん、嘘ついちゃいかんよ!

11月5日の日記で紹介した、この↓本、今日ようやく読み終わった。ひとつのブログで会社が変わるで、その感想。著者の和田さんは、ご自身のブログで、http://wada.cocolog-nifty.com/blog/2005/11/__46e0.htmlhttp://wada.cocolog-nifty.com/blog/2005/11/post_845d.html

From 山@SURVの楽天日記 @ 2005/12/25 12:15 AM

ひとつのブログで会社が変わる

カリスマアフィリエイ

From 原時計店 きりかぶやま-ぶろぐ @ 2005/12/26 7:17 PM

「ひとつのブログで会社が変わる」 和田 亜希子著

 「ブログで何ができるのか」  「ブログはビジネスに使えるのか?」  ここはまるっきりプライベートなことを書いてますがひそかに「ビジネスブログ」なるものに興味を持っています。  てか仕事で「会社のお客さん」じゃなくて「茶太郎のお客さん」を作りたくて、そ

From チャリ通勤と喰う寝る遊ぶ @ 2006/06/10 12:14 PM